下北沢の矯正専門医によるBlog
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
KEYTALK!!
 下北沢の、特に南口商店街でイチオシ応援中の「KEYTALK」。

商店会の事務所にも、ポスターが大々的に貼られております。




6th Single も発売になり、ノリに乗っています。


そんな彼らが、とうとう初の....


武道館ライブを行うことになり...



商店街がさらに一丸となってバックアップしております!



そんな彼らに、彼らのパフォーマンスに、そして初の武道館ライブに、
私たちも何とか役に立ちたい!と思い...


先日、ギリギリではありますが....




矯正装置が外れました!


見えない裏側からの矯正装置「インコグニート」で治療をしていましたので、
殆どの方は、数年のあいだ矯正治療中である事を気付かなかったのではないでしょうか?


何はともあれ、下北沢の一員としてKEYTALKをバックアップする事ができました(ホッ...)



武道館では最高のパフォーマンスを魅せて下さいね!
(あ、チケット頂くの忘れた...ww)





23:13 日々のこと comments(0) -
治療後6年...
 今日は矯正治療が終了し、それぞれ5年半と6年が経過した患者さんが来院されました。

当院では、永久歯矯正の終了後は最低2年間のフォロー(保定期間)をお願いしています。
その後は、患者さんそれぞれの選択になりますが、定期的に診せに来て頂ける方に関してはず〜っとフォロをさせて頂いております。


まずはお一人目、治療後5年半の男性です。


初診時は大学生でした。
外科矯正にて下顎セットバックを行った方です。
かみ合わせは安定しており、むしろ仕上げ時よりも緊密になって来ています。


そして二人目、治療終了後6年の女の子です。


中学生で仕上げを終了した彼女も、今や大学3年生!
大好きなテニスもサークルで頑張っているとの事でした。



矯正治療を開始する際、「治療が終わっても時間が経ったら後戻りするんですよね」という質問をしばしばお受けします。
各々の症状や治療の具合、そして治療後のリテーナーなどの使用状況により変わっては来ますが、基本的には適正な治療が行われれば大きな後戻りはそうそう起こらない事が多いです。


今日はお二人と久しぶりにお会い出来た嬉しさと共に、かみ合わせの安定も確認できて幸せな気分になりました。

また1年後、元気でお会い出来ます様に!



18:28 矯正治療について comments(0) -
インプラント補綴のために
 本日のリテンションは、矯正治療が始まってから「走ること」にハマったKさん。

昨年のフルマラソンは3時間5分を切り、そして今年のウルトラ(100km)マラソンでは3位入賞を果たしたそうです!

まずは初診時


左下の大臼歯はインプラントによる補綴計画としましたが、前歯を中心とした叢生(そうせい=デコボコ)を改善し、なおかつ前歯を引っ込めるためには上下とも小臼歯の抜歯が必要でした。


治療終了時の写真です。左下はインプラントブリッジのために必要なスペースを、担当のDR.と相談し決定しました。


インプラントを始めとした補綴(ほてつ)処置を行う口腔内において非常に大事な「カップリングおよびガイド」に注意して仕上げました。

これからいよいよインプラントブリッジが入ります。

Kさんに「記録更新の秘訣は?」と訊くと、必ずこう答えてくれます。
「矯正治療のおかげです☆」

Kさん、もう少しで奥歯も治ったらフルマラソン3時間切りですね!(笑)







00:24 矯正治療について comments(0) -
5才で矯正??
こんにちは、オーラルデザイン下北沢・矯正歯科です。

 今回は、5才(年中さん)の症例をご紹介致します。


ん? むし歯も見当たらず、大きな問題はなさそうですが...

じゃあ、咬んでみてね ♫


かなりの「うけ口」でした..

この5才の子は、お口の中のすべての歯がまだ「乳歯」で、グラグラしている歯もありません。
ですので、医院やドクターによっては「前歯がおとなの歯(=永久歯)に変わってもまだうけ口だったら治療しましょう」なんて言うかもしれません。


口元は完全なる「うけ口」顔になってきています。


そこで「切端位(=前歯と前歯が咬む位置)」まであごをずらせるかをチェックしました。

一般的には、これが出来ないうけ口は本態性、すなわち骨格的なずれの大きいうけ口と判断される事が多いです。

彼女は切端位が取れました!




この子の場合、上の前歯が完全にかくれる程の深いかみ合わせ(=過蓋咬合)であり、機能的前方位がうけ口をより悪化させると判断し、動的治療を行うこととしました。




治療開始1か月で、なんと前歯の反対咬合は改善されています!
しかし、奥歯がまったくかみ合っておらず、まだ新しい位置にうまく適応出来ていません。

そこでもう1か月のトライをしました。




治療開始2か月後、すっかり「うけ口」は改善しています。
装置を撤去し、このまま成長観察に入る事にしました。




このように、早期の対応がその後のかみ合わせを大きく変える事があります。

貴方のお子さんの不正咬合、「前歯が生え変わってから」「永久歯が生え揃ってから」と紋切りな言葉で待たされていませんか?

タイミング次第では、こんなに短期での改善が期待できますので、少しでも迷ったらご遠慮なくご相談下さい!



22:08 矯正治療について comments(0) -
問合せ急増中!
 こんにちは。オーラルデザイン下北沢・矯正歯科です。

最近、こんな質問を多く頂きます。
「白いワイヤーで目立たなく矯正が出来ると聞いたんですが..」

実は「白いワイヤー」は、意外と昔からあったんです。
但し、実用度(歯の動きやワイヤーの耐久性、etc..)に多少難があったのは事実です。

ここ数年の材料の飛躍的な進歩で、そういった従来の欠点をある程度なくした製品が出てきました。

現在は当院でも「ご希望により」そうした組み合わせで矯正治療を行っています。


写真は、上顎左右小臼歯を抜歯して、COBY(ジルコニア製ブラケット)&ホワイトワイヤーを組み合わせた場合の写真です。

ホワイトワイヤーは、治療のステージにより使用出来ない場合もあります。
詳細はカウンセリングでお問合せ下さい!


21:04 矯正治療について comments(0) -
本日のリテンション
こんにちは、オーラルデザイン下北沢・矯正歯科です。 

歯を動かす処置(動的治療)が終わると矯正装置を外しますが、その後に歯ならびや咬み合わせの安定をはかる期間を「保定期間(リテンション)」といいます。

そういう訳で、治療が終了した患者さんを「本日のリテンション」と題してご紹介していきたいと思います。



歯科関係のお仕事で活躍する方で、外科矯正による治療をおこないました。
当然ながらブラッシングその他の協力も良好で、歯肉の状態も良く非常に綺麗な仕上がりです。


顎を前方や横方向にずらした(前方や横方向に歯をすりあわせた)状態も確認します。
実はこうした点が、治療後の安定を左右したりします。

Fさん、おめでとうございます!

19:50 矯正治療について comments(0) -
ハロウィン報告♫(ちょっと遅くなりましたが...)
こんにちは、東京都世田谷区 オーラルデザイン下北沢です。 

先週初め、「仮装した可愛い5才の集団がシモキタにやってくる」という情報をキャッチ!

すかさず、準備をして待ちました。




本人的には「意外と白衣に合ってるかも!?」なんて思いながら、この姿で待つ事10分。
(通行人の視線が、心無しか冷たかったような...)



やって来ました!
結構な人数です。



やはり、皆さん少し「怖がってる」感じがしないでもないんですが...(笑)



でもすぐに「お菓子ちょうだい!」となりました。
良かった良かった...

でも皆さん、食べた後はちゃんと歯みがきしてくれたでしょうか.. 心配です!


家に帰ると、

  娘「あれ、パパだったんでしょ!」
  私「え? 何の話?? パパは仕事中だったから....」
  娘「え〜、似てたから.. それじゃあ、あれ本物??」



可愛い娘にはこのまま大きくなって欲しくありません(笑)






11:04 日々のこと comments(0) -
【小児矯正】生まれつき犬歯がない! -計画的な抜歯治療-
 初診8才、前歯のでこぼこが気になり来院されたTくん。


レントゲンをよくよく見ると...


左上の犬歯(前から3番目の歯)が見当たりません。

最近の厚生労働省のデータによると、7才以上の子の実に12%に先天的な歯の欠如が認められるそうです。

クラスに3人程度は「永久歯が足りない」子がいるということです...

こうした場合、将来的なかみ合わせを考えるにあたり、歯を「足すのか引くのか」が大きな悩みどころです。
また、歯の種類によっては、他の部位の歯で代替えが難しい場合もあります。


Tくんについて分析・診断し、まずは「8才における『標準形』」をつくります。


上はアライメント(整列)が終了し、標準化された歯列です。
(ここまでは8ヶ月ほどの治療です)


私の実践しているポイントは、1)上下前歯の正中(まん中)が、お顔のそれと合い調和が取れている、2)左右の6才臼歯(第一第臼歯)が対称であり、前後的なかみ合わせに問題がない、3)その状態で、口唇の極端な突出や、口が閉じにくいなどの問題がない、です。

この状態をまず目指し、アゴの大きさに「余裕」があれば歯列の拡大等をおこなって「非抜歯」を目指します。

反対に、標準形を作るためのスペースがまったく足りない場合などは、将来的な永久歯抜歯のプランを念頭に入れます。



標準形の獲得から3年。

そうです。成長のスピードに合わせ、待つときは3年でも4年でも待ちます。
決して慌てることはありません。

タイミングは「必ず」訪れます!

Tくんの場合、もし「犬歯の先天欠如」がなければ、非抜歯をトライしたと思います。
しかし、プランは「引き算」としました。
すなわち、足りない歯(赤丸)に対応し、他の部位(黄丸)を調整するプランです。



マルチブラケット治療の開始です。

標準の形(いわゆる「仕込み」)が出来ていますから、それほど多くの時間は要しません。

また、当院では基本的に、永久歯矯正には「ローフリクション装置」を用います。フリクション(摩擦)が少ないこの方法は、歯の移動が速いだけでなく、痛みも大幅に少ないという利点もあります。


マルチブラケット治療の終了です!

左上犬歯の相当部位には「第一小臼歯(4)を配列させました。
よくよく目を凝らさなければ、まず外から気付かれることはないと思います。


もちろん、中学生であっても最終的なかみ合わせのゴールは、成人のそれと変わる筈がありません。
前方や側方へのアゴの動きもチェックします。(犬歯の代わりに小臼歯を用いると、ガイド(歯ぎしり等の際に補助となる接触部位)が付与しにくいと言われますが写真の様に動きに問題はありませんでした)


今回は「先天欠如を伴う小児矯正」をご紹介しましたが、大事なことは、最初から「永久歯の咬合をイメージし、長期的な観点でプランを立てる」ことだと思います。


特に今回の様なケースは、予め対応をしておく事で、永久歯矯正の期間が「半分以下」になりますのでオススメです!






20:54 矯正治療について comments(0) -
【小児矯正】その受け口、まだ間に合います!
 こんにちは、オーラルデザイン下北沢・矯正歯科です。
今回は「小児矯正」、すなわち「こどもの矯正」についてのお話です。

山梨県からはるばる通ってくれているO君(仮名)の、初診時(10才)のお口の中です。


前歯は反対咬合(うけ口)、そして上の歯はもうすべて永久歯でしたが、なんだか歯の本数が足りません...


レントゲンを撮ってみると、「5」の歯が左右とも引っかかって骨に埋まっています。



レントゲン分析から、上のアゴが小さく、下のアゴが大きい典型的な「骨格性のうけ口」です。

しかし、すでに年齢は10才。

一般的に、上のアゴが成長するのはおおよそ9〜10才までと言われています。
セオリー通りにプランを練れば、
1)成長観察(15,6才まで)、2)成長終了後、上の小臼歯を2本抜歯、3)術前矯正治療、4)アゴの離断手術、5)術後矯正治療、6)保定観察、といった感じでしょうか。

しかし、本人およびご家族の希望は「何とかここからリカバリーさせて『手術』を回避できないか?」、というものでした。


結果、相談の上「少し遅めの小児矯正」から「永久歯矯正」に移行するプランとしました。



上の写真は治療開始5ヶ月、前歯のうけ口が改善したところです。

「1期治療」「こどもの歯並び矯正」などと唱っている歯科医院では、この時点で終了してしまうところも多いかと思います。

しかし、ここで終了したら、一体何のための「小児矯正」でしょうか?
矯正治療のゴールは、言うまでもなく「永久歯の審美・健康的なかみ合わせ」です。

当然ですが、この先も治療は続きます...



グリーンのサークルに注目して下さい。
埋まっている歯を出させるための「スペース」を作っています。



治療開始約1年が経過。だいぶ歯が降りてきました!



下顎の成長パターンが変わってきました!
もう一息、上のアゴが大きくなってくれれば.....



そしてこれが現在の状況です。
生えてきた「埋伏歯」が見えますでしょうか?


治療はもう少し続きますが、今後の成長も含めまだ予断は許しません。

ここまで見て頂いてお分かりと思いますが、「小児矯正=こどもの矯正」ではありません。
ゴールは永久歯列、すなわち「成人矯正」と変わらないんです...


一人でも多くの子ども達に、コンセプトのしっかりとした「小児矯正」を受けて頂きたいと切に望みます。





13:55 矯正治療について comments(0) -
定期検診にて
 先日(10/16)、ブログで紹介したインビザライン+審美治療の方が、本日メインテナンスで来院されました。



咬み合わせ、歯肉共に問題なく、半年毎のメインテナンスを今後も継続していきたいと思います。


来院時にふと目についた、素敵な「ネイル」を写真に撮らせて頂きました!


Happy Halloween!!








Check
21:43 矯正治療について comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
ARCHIVE
LINKS
SPONSORED LINK